前へ
次へ

塩を使った調理法は王道といえる

飽食の時代といわれている中でも、食材を調理するにはそれぞれの特性を利用して調理法を選ぶことが大事です。
特に鮮度のいい食材を使う場合には味付けをしっかりとしようとするよりも、一番いいのは塩を振るだけでも美味しく食べることができます。
塩には食材のうまみを引き出す効果があり、余計な水分を出すことができるのでよりいっそう美味しく頂くには塩は欠かせない調味料といえます。
間違ってしまうのは塩の振り方や量を調整することにあり、この部分を間違ってしまうとしょっぱいだけになったりすることも少なくありません。
塩は万能の調味料ですがかけ過ぎてしまうとどうしてもうまみを出すことよりも、しょっぱさが勝ってしまいます。
そうならないようにするには、塩の加減を覚えるようにすることで、鮮度によって塩加減を変えることが大事です。
一般的に調理法として塩加減に自信がない場合には、少なめにしておいて足りない場合にはテーブルに塩を置いて付け足すことです。

Page Top