前へ
次へ

美味しく食べる茄子の調理法

茄子は灰汁があるので、調理前に水にさらす人が多いかもしれません。
また皮を剥いて調理する人もいるでしょう。
しかしながら、茄子の皮には抗酸化作用が高いナスニンと呼ばれる成分が含まれており、水に溶けやすい性質を持っています。
栄養をしっかり摂取して美味しく食べるためには、水にさらさず皮も剥かないことが望ましいのです。
茄子は特に下準備はせず、そのまま調理するのが良いと言えます。
ただし、カットしてからしばらく置いておくと、酸化が進んで色が変わってしまいます。
切った後はすぐに調理するようにしましょう。
茄子は油との相性が抜群の野菜です。
美味しい調理法として、茄子の天ぷらや揚げ茄子のあんかけなどがあります。
片栗粉をまぶせば、よりカラッと揚がります。
豚肉やピーマンなどと一緒に炒めてポン酢で味付けするのも、簡単で美味しい調理法です。
また少しピリ辛にして味噌炒めにすれば、ごはんも進みます。
全体的に色の濃い紫色で艶があり、上から下までほぼ同じ幅の物が、味が良い茄子です。
美味しい茄子を見分けて、正しい調理法でしっかりと栄養摂取したいものです。

Page Top