前へ
次へ

フライパンなどの調理法

一般家庭で使われる調理法にはフライパンがありますが、こちらは油の入れ方に注意をする必要があります。
鉄製のものは熱が通ってから油を入れることで安全に私用することができますし、フッ素樹脂加工のものは熱しすぎると劣化に繋がるので気をつけることです。
加工されているものだと油を入れ過ぎなくても食材がくっつかないので、ヘルシーな健康志向の人は使うことがベストといえます。
その他にもガスを使った調理法にはグリルがありますが、魚などを焼く時には重宝する方法になります。
見えない空間で調理をすることになるので、火加減には注意をすることになりますので、焼きすぎてしまうと焦げてしまうことも少なくありません。
特に魚などの時間のかかる食材だと、わかりやすいのですぐに焦げる前に取り出すこともできますが、厚揚げなどを焼いているときなどはすぐに焦げ付きが起きることが多いです。
また放っておくと炭化してしまうので、美味しく食べるには焼き時間を調整することです。

Page Top